図画工作Ⅱ「『なぐり描き』の指導援助について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数948
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    図画工作なぐり描き

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「『なぐり描き』の指導援助について」
    4,5歳になると、自分が体験したことを描けるようになるが、それ以前は、何が描いてあるか判らない「なぐり描き」の時期である。今日では、なぐり描きの重要性が指摘されている。なぐり描きの線は、そのものが持つ性質によって、子どもの育ちや心の状況を表しており、子どもの将来の表現活動の上で大切な役割を果たすものである。
    なぐり描きの最初の段階において、保育者の励まし以外の刺激は必要ない。2歳後半から3歳頃の子どもは、保育者と共感のある対話と働きかけによる適切な刺激があって、なぐり描きの図形に託してお話しする力が豊かに育つ。そして、なぐり描きをきっかけにして、体験したこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。