図画工作Ⅱ「幼児の描画の特有の表現形式について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,088
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    図画工作幼児の描画

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「幼児の描画の特有の表現形式について」
     幼児の絵画は独自の表現の特徴を有しており、幼児の絵は、彼らの身体的、精神的な成長発達の姿を映し出す鏡である。
    幼児の絵の特徴を理解していく観点としては、①描いた対象の捉え方、見方、つまり空間認識の仕方はどのようなものか、②絵画表現に情動がどのように表されているかという2点である。この観点に沿いながら、幼児の絵の特長を示す描法について述べていきたい。
    1 基底線
     5歳前後の子どもが、絵を描く時、画用紙の下の方に底辺と平行に横線を引き、その線の上に、人や家などを並べて描いていく傾向がある。この横線を「基底線」という。
     絵を描く時、描かれる対象物の位置..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。