生活「幼児保育の基本と、教科『生活科』の目標や内容との関連や連続について具体的に考察せよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数480
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    生活科生活幼児保育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「幼児保育の基本と、教科『生活科』の目標や内容との関連や連続について具体的に考察せよ。」
     今日の小学校では、第1学年と第2学年において生活科が指導されている。私が小学校の時には、生活科は始まっていた。生活科に対する私のイメージとしては、座って授業を受けるものばかりではなく、活動や体験などが中心的である。また、生き物や植物などを育て、その成長の過程を観察したり、植物からできる種を採取したりしていたと思う。
     しかし、生活科は昔からあったのではない。平成元年の学習指導要領の改訂において、小学校低学年に生活科が新設され、生活科が指導されるようになったのである。
    その背景としては、少子化や都市化などの問題が挙げられる。少子化は、女性の社会進出や高学歴化などが主な要因となっており、少子化によって遊ぶ友達が減り、体力低下につながっている。また、過保護・過干渉によって、自己中心的で人間関係がうまく築けない子どもが増えている。都市化によって、自然が少なくなり、遊び場が少なくなった結果として、外で遊ばない子や体験の少ない子が増え、これもまた体力低下につながっている。
    その後、平成11年に学習指導要領..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。