ホームヘルパー2級 訪問介護⑭

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数393
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     体温・脈拍・呼吸・血圧、身体的な異常や病状の経過は、介護を安全に行うための情報として非常に大切である。
     体温は、病気の前触れの発見や病状の経過を観察するために測定するのである。高齢者の正常体温は36℃と成人の正常体温より低い。食後や運動後は体温が上がるので、30分程安静にした状態で測定する必要がある。
     脈拍は、血管内の血液の循環状況、精神的な緊張感の目安になるため測定するのである。成人の正常脈拍数は1分間に60~80回であるが、高齢者の場合は一般的に少なくなる。
     呼吸は、酸素が十分に取り入れられているか、呼吸に異常はないかなどをチェックするために測定するのである。正常な呼吸数は、1分間..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。