ホームヘルパー2級 訪問介護⑭

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数158
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     高齢者の行動や心理には大きな個人差があり、姿勢の変形や内蔵の機能の変化など、自覚されていないことも多い。
     高齢者が普段どおりの生活を営むには、新しい事態への学習とこれまでの習慣についての記憶の力があり、個人差がある。知的な生活では、①考えることが億却になる、②覚えてもすぐ忘れる、③加齢に伴い物事を速く処理する力が低下する、と考えられていたが、近年は個人差が大きい。この知的な背活を左右しやすいのは健康である。脳障害や死が近づいている時は知能の低下が大きく見られる。視力の面では、老眼が問題であり、20代の平均視力に比べ、4割程度になるため、照度を工夫する必要がある。聴力も、40代後半から低下が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。