特別活動の指導法『新学習指導要領で力説してある「ガイダンスの機能の充実」について特別活動に焦点を当てて述べよ。』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数391
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『新学習指導要領で力説してある「ガイダンスの機能の充実」について特別活動に焦点を当てて述べよ。』
     特別活動とは、教育課程上、教科、道徳、総合的な学習の時間以外のすべての教育活動のことである。特別活動は、小学校、中学校、高等学校で行われているが、中学校における特別活動に注目したい。
     中学校での教育課程における特別活動の位置づけは、学校教育法施行規則第53条で規定されている。中学校の教育課程は、必修教科、選択教科、道徳、特別活動及び総合的な学習の時間によって編成されるものである。特別活動の授業時数については、原則として、年間1単位以上とするものである。
     特別活動の目標は、望ましい集団活動を通して、心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り、集団や社会の一員としてよりよい生活を築こうとする自主的、実践的な態度を育てるとともに、人間としての生き方についての自覚を深め、自己を生かす能力を養うことである。
     「生きる力」を育むために、特別活動の目標に5つの観点がある。第一は、望ましい集団活動の育成である。第二は、個人的な資質の育成である。第三は、社会的な資質の育成である。第四は、自主的、実践..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。