道徳教育の研究「道徳の指導内容について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数287
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「道徳の指導内容について」
     道徳の内容は、教師と児童とが人間としてのよりよい生き方を求め、共に考え、共に語り合い、その実行に努めるための共通課題である。児童自らが調和的に道徳性を育むためには、道徳の時間をかなめとして、全教育活動において、指導されねばならない。
     道徳の内容は、道徳教育の目標を達成するために指導すべき内容項目を4つの視点から、2学年ごとに分けて、重点的に示されている。①主として自分自身に関すること。
    ②主として他の人とのかかわりに関すること。③主として自然や崇高なものとのかかわりに関すること。
    ④主として集団や社会とのかかわりに関すること。
     このように、児童の道徳性を4つ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。