図画工作指導法「教材研究の必要性について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数524
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    図画工作指導法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教材研究の必要性について」
    時代の変化とともに、私たちの身のまわりには様々な材料であふれている。それぞれに特性があり、人間はそれを生かして活用してきた。それは教育の現場でも同様である。
    教材研究とは、例えばねんどや紙、絵の具、ハサミなどの素材や道具を使って、材料の特性や表現効果を理解することである。指導者は、この教材研究を十分に体験しておく必要があるとされている。なぜなら、多様な子どもの活動に対応できるためであり、子どもに新たな素材との出会いをもたらすために、より多くの材料や用具の扱い方に熟知する必要性があるからである。これは、自らが十分な体験を積み重ねることで、材料の知識や具体的な指導方法..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。