図画工作指導法「表現活動と鑑賞活動のかかわりについて」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数253
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    図画工作指導法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「表現活動と鑑賞活動のかかわりについて」
     子どもたちは、日常のものとのかかわりの中で、さわったり、話し合ったりしながら、自分の表現のきっかけを得たり、表現に生かすことがある。そのため、見ることと表すことは相互に深く関わりあっている。
    表現活動には2種類のものがある。1つは「造形遊び」である。造形遊びは従来まで4年までであったが、5,6年にも行われるようになった。その内容としては、「材料や場所などの特徴をもとに工夫して、楽しい造形活動をするようにする」というものである。造形遊びは、子どもたちが材料と関わる中で、遊びの特性である主体性、行為性、創造性などが一体的に生かされて造形学習が展開される..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。