図画工作指導法「表現の内容『感じたことや想像したことを絵や立体に表す』で、対象学年と題材を決め、具体的な展開例をもとに、『その子なりの多様な表現を保障する』教師の支援について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数467
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    図画工作指導法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       「表現の内容『感じたことや想像したことを絵や立体に表す』で、対象学年と題材を決め、具体的な展開例をもとに、『その子なりの多様な表現を保障する』教師の支援について述べよ。」
     
     21世紀を担う子どもたちのために教育の形を変える動きがあり、学習指導要領が改訂された。造形美術教育関連でも変化があり、主な改善事項は、以下のとおりである。
     現在の図画工作科の基本的方針は、幅広い活動を通して、美術を愛好する心情と美に対する感性を育て、豊かな情操が養われるような指導が必要である。また、生涯にわたって楽しく描いたりつくったりする創造活動を促すことを重視し、表現や鑑賞の喜びを味わうとともに、豊かな表現活動や鑑賞活動をしていくための基礎となる資質・能力を一層育てられるようにしなければならない。さらに、各学校がゆとりを持ち、創意工夫を生かした教育活動ができるように、内容を自由に扱い、子どもたちに合った教育を行うべきである。
     小学校教育では、「楽しく造形活動に関わり、個性を生かした多様で創造的な活動をしていくために、その基礎となる感覚・感性や想像力、技能などの資質・能力を育てる」ということを方針と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。