社会科「小学校社会科の授業改善の視点について、小学校学習指導要領(社会編)を根拠にしながら具体的に述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数484
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    社会科

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「小学校社会科の授業改善の視点について、小学校学習指導要領(社会編)を根拠にしながら具体的に述べよ。」
    1 学習指導要領改訂とそのねらい
     児童生徒を取り巻く環境は、国際化、情報化、科学技術の進展、少子高齢化など様々な面で大きく、すさまじい速さで変化している。このような状況の下で、いじめや不登校の問題、犯罪の低年齢化など、豊かな人間性を育むべき時期の教育に様々な課題があり、今後の教育のあり方が問われている。
     このような背景の下、1996年7月の中央教育審議会第一次答申で、「ゆとり」と「生きる力」をキーワードとする提言がなされた。また、同時に、横断的・総合的な指導を推進する総合的な学習の時間の創設と完全学校週5日制の導入が提言された。
     これを受けて、1998年7月、教育課程審議会は、完全週5日制の下、「ゆとり」の中で「特色ある教育」を展開し、幼児児童生徒に「生きる力」を育成することを基本的なねらいとし、1998年の学習指導要領の改訂に至った。
    2 社会科改訂の趣旨
     小学校の社会科も改善が行われ、児童が社会的事象に関心を持って進んでかかわり、それらの意味や働きを多面的に考えたり、社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。