家庭「家庭科で実習指導を行う際に配慮すべき点について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数394
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    家庭

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「家庭科で実習指導を行う際に配慮すべき点について」
     私が、小学生の時に楽しみだった授業の一つであったのが、家庭科である。それは、調理実習などの実習があるからである。子どもにとって実習は非常に楽しい授業であり、自分から積極的に行動し、集中して取り組む子が多い。しかし、実習には危険も伴い、教師は様々な配慮をしなければならない。
     第一は、服装である。服装は活動がしやすく、安全性に配慮できるようにすることが大切である。例えば、調理実習時の服装では、エプロン、三角巾、手ふきを用意すべきである。エプロンは汚れがわかりやすいもので、各自の体に合った大きさが望ましい。実習の前の授業時にエプロンを実際に持..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。