家庭「家庭科における題材・教材選びの留意点と具体的な学習展開について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数576
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    家庭

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「家庭科における題材・教材選びの留意点と具体的な学習展開について」
     「家庭科」という教科は日々の生活と密接に関わっている。そのため、社会の変化に伴い生活は変化するため、家庭科の内容も変化してきた。例えば、1881年の小学校教則要綱で、女子のために中等科で「裁縫」、高等科で「家事」が課された。これを受けて女子の就学率が大幅に増えたのである。その後も、「家事」「裁縫」はもちろん、「国語」などを通して良妻賢母教育が行われていた。家事・裁縫教育は、江戸時代から行われてきた女子に必要な実技的教養と道徳的教養を含んだ流れを受けて、行われていた。
     しかし、1945年に第二次世界大戦で敗けたことにより、GHQ(連合国軍総司令部)のもと、民主国家への変革が行われた。これにより、1948年に学習指導要領家庭科編が発行された。内容としては、家族、家庭生活、家庭建設、家庭や社会への貢献などのキーワードがみられ、従来の家庭科、裁縫かとは大きく異なるものとなった。
     このように男女共学でともに学ぶ教科として家庭科は発展してきたが、小学校家庭科の内容は目標とは違い、男女によって内容が大きく異なっていた。男子に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。