法学(憲法)「不合理な差別の禁止について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数449
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    法学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「不合理な差別の禁止について」
    法の下の平等は、日本国憲法14条「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」と規定されている。第26条では教育の機会均等が規定され、第24条では両性の平等が規定されている。
    これらの平等権によって、差別の禁止が規定されているが、すべての差別を禁止しているわけではない。第14条は、性別や年齢など、各人の特性を配慮して、それに応じた法的取り扱いを行おうとする「相対的平等」という観念を念頭に置いた規定と考えられる。すなわち、人間はそれぞれ違うのは当然であり、労働基準法における母..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。