社会福祉原論「民間社会福祉活動の歴史と今後の課題」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数435
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    社会福祉原論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「民間社会福祉活動の歴史と今後の課題」
    民間社会福祉活動の原点は、困難なときに人が人を支えるという行為である。民間社会福祉活動の源流は一般的に、1700年代のイギリスの民間慈善事業であるといわれている。日本では、1800年代末から1900年代初頭に勃興した民間慈善事業が源流といわれている。
    前近代の社会福祉は、①ムラ社会の相互援助、②宗教による救済、③支配層による政策的救済、の3つの形態があった。社会の近代化によって、ムラ社会は都市社会へ移行し、家系的家族は核家族へ移行し、経済的には資本主義社会の成立が起こった。社会の近代化によって、ムラ社会から都市に流入する大量の労働者によって、大都市の一隅..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。