社会福祉原論「社会福祉士の社会的役割について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数554
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    社会福祉原論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉士の社会的役割について」
     1987年、「社会福祉及び介護福祉法」が制定され、翌年4月から施行された。この法律は、社会福祉士と介護福祉士を資格として定めたものであり、単独の身分法で定められたわが国最初の社会福祉関係の国家資格である。
     この法律の目的は、業務に従事する者の資質を向上させ、その業務全般の発展を図り、社会福祉の増進に貢献し、わが国の社会福祉の発展を図ることである。
     また、社会福祉士のことを、「専門的知識及び技術を持って、身体上若しくは精神上の障害があること又は、環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、その他の援助を行うことを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。