社会福祉原論「社会福祉制度と生存権について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数579
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    社会福祉原論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉制度と生存権について」
    近年、国民のニーズに応え、社会福祉法制度が数多く制定された。その基本理念は、人間の存在自体に絶対的価値を見出し、それを前提として、人間は誰でも人間らしい生き方を有し、国家は国民に対してそれを保障する責任があるとしている。これは、日本国憲法25条の生存権を保障するという考えである。
    生存権とは、国民の健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を持ち、「国は全ての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」と規定したものである。
    そして、この生存権を具体化するものとして体系化されたのが社会福祉の法制度である。
    第一に、社会福祉..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。