社会福祉援助技術論Ⅰ「社会福祉援助技術の歴史的展開について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数272
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    社会福祉援助技術論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉援助技術の歴史的展開について」
    歴史的視点は、社会福祉援助技術が社会福祉の目的や対象の捉え方、そして社会福祉政策の歴史性・社会性と深く関わっているため重要である。また、歴史的現実としての実践の意義と限界を直視し、課題を整理して新たな解決の道を展望する力を得ることになる。
    近代以前の社会福祉では、血縁や地縁の同質の集団内部での助け合いに限られていた。同じ集団に属する人々が、お互いのために、お互いの持つ力で助け合うことは、福祉の原形ではあるが、狭い集団の範囲を越えたものではなく、今日的な意味の社会制度的な福祉には発展しなかった。
    産業革命以後の社会福祉では、都市における貧富の差が拡大し、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。