幼児理解「なぜ、環境による保育が、幼児教育では求められるのか、述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,072
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    幼児理解

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「なぜ、環境による保育が、幼児教育では求められるのか、述べよ。」
    子どもたちが楽しそうに遊んでいる姿を見ると、私も思わず微笑んでしまう。子どもたちにとって「遊ぶ」ということは欠かせないものであり、遊びなくして成長はないといえるだろう。幼児教育では、環境による保育が求められているが、本レポートではその理由について述べていきたい。
    まず、環境による保育の大切さを述べる前に、幼児の特質・特性について述べたい。幼児期の特質・特性は5つ挙げることができる。
    第一は、身体的な発達の基礎が出来上がり、運動機能が急速に発達する時期である。遊びとしては、鬼ごっこなどがこの表れである。
    第二は、自分以外の人の存在に気づき始める時期であり、人とのかかわりが急速に広がりや深まりを見せる時期である。遊びとしては、おままごとがこの表れである。
    第三は、好奇心・探究心が盛んな時期である。遊びとしては、秘密基地作りや砂場遊びがこの表れである。
    第四は、言葉を獲得するために大切な時期である。遊びとしては、はないちもんめなど、言葉や歌を口ずさむものがこの表れである。
    第五は、感性の豊かな時期である。遊びとしては、五感に響..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。