社会福祉原論「福祉国家の思想と原理について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数391
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会福祉国民市民日本

    代表キーワード

    社会福祉原論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「福祉国家の思想と原理について」
     わが国は福祉国家の道を歩んでいる。福祉とは「幸せ」という意味であり、ここでは生活が幸せな状態のことを指している。第二次世界大戦敗戦後わが国は、人権の尊重と民主的な政府の樹立、国家主義・軍国主義を排除し、平和国家の確立を連合国から要求された。これにより国民主権主義、平和主義、人権の尊重を基調とする日本国憲法が制定され、民主国家と福祉国家への道をスタートさせたのである。では、福祉国家とはいったいどのような国家のことなのか、福祉国家にいち早く取り組んだ国はどこなのか、そしてどのようなことをして、どのように影響を与えたのかなどについて述べていきたい。
     福祉国家は、政府の役割を最小限に制約している夜警国家とは異なり、市民的自由を大幅に制限しているファシズム国家とも異なっている。そして、政府が市民経済に介入したり、国民全体の福祉向上の義務を国家が持っていたり、私有財産制と利潤動機を受け入れているため、資本主義体制や社会主義体制とも異なる性格を持っている。つまり、福祉国家とは国民の安定した生活を国家が責任を持って保障するという新しい社会体制のことである。この国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。