社会福祉援助技術論Ⅰ「社会福祉援助の技術と援助過程について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数490
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    社会福祉援助技術論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「社会福祉援助の技術と援助過程について」
     現在わが国では少子高齢化が進み、高齢社会が進んでいる。そのうち、国民の3人に1人が65歳以上という超高齢社会を迎えようとしており、介護者不足が問題となっている。そんな中、どのような技術を使用し、どのような過程で援助が行われるのかを理解しておくことは大切である。そこで、ここでは援助技術と援助過程について述べていきたい。
    介護を必要とする人を援助する実践活動の時の具体的な展開過程で使用される手法を社会福祉援助技術と呼んでいる。社会福祉援助技術には、大きく分けて直接援助技術・間接援助技術・関連援助技術の3つがある。
    直接援助技術は、個別援助技術(ケースワーク)と集団援助技術(グループワーク)から成り立っている。間接援助技術は、地域援助技術(コミュニティワーク)、社会福祉調査法、社会福祉運営管理、社会福祉計画法、社会活動法から成り立っている。関連援助技術は、ケアマネジメント、ネットワーク、スーパービジョン、カウンセリング、コンサルテーションがあげられる。これら3つがそれぞれ独立して行われるものではなく、相互に組み合わされて行われるものである。
    1 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。