算数「算数教育における学習指導要領変遷の概略について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数479
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    算数

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「算数教育における学習指導要領変遷の概略について述べよ。」
     現在の日本の教育社会において算数を学ばない子は存在しないと言っても過言ではない。算数を学ぶことは生きていく上で必要不可欠なことであろう。算数を嫌う人もいるが、私は好きだ。理由を聞かれて、はっきりとした答えを述べることはできないが、漠然とした理由で、「問題を解くことが楽しい」ということがある。私が好きな算数がどのような方針で教えられてきて、どういった理由でどのような理由で、どのように変化してきたのかを述べていきたい。
     まず疑問に思うことは学習指導要領とはいったいどのようなものかということである。学習指導要領とは、小学校、中学校、中等教育学校、高等学校、特別支援学校の各学校と各教科で実際に教えられる内容とその詳細について、学校教育法施行規則の規定を根拠に定められているもののことである。国立学校、公立学校、私立学校を問わずに適用されるが、実際には公立学校に対する影響力が強い一方で、私立学校に対する影響力はそれほど強くない状態である。内容は校種によって若干の変化はあるが、「総則」、「教科」、「道徳」、「特別活動」からなっていう。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。