人権教育「児童の人権擁護と講師について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数471
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    人権教育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「児童の人権擁護と講師について」
     現在、児童には固有の権利があり、暖かい雰囲気の中で健全に育ててもらう権利がある。
     このような権利を擁護するために、わが国では、民法、母子保健法、児童福祉法などに設けられている。民法では、親権の規定があり、未成年の子は親の親権に従うとされている。母子保健法には、児童が「健やかに生まれ、健やかに育つ」ための措置を規定している。児童福祉法には、児童の人権侵害を未然に防ぐためのものや、児童の権利侵害にあたる行為を禁止している。しかし、児童の人権は侵害されており、その代表例が、児童虐待である。
     児童虐待とは、保護者や同居人によって、子どもの心身を傷つけ、健やかな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。