保育児童学概論「乳児(新生児を含む)の感覚系に見る愛着の準備について述べなさい。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数158
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    保育児童学概論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「乳児(新生児を含む)の感覚系に見る愛着の準備について述べなさい。」
     乳児期とは、生後1ヵ月の新生時期から生後1年半くらいの時期のことである。愛着は、乳児の発達とともに変化するため、乳児の発達について段階を追いながら述べていきたい。
     0歳前半では、眠ることが主だったのが、次第に目覚めている時間が増え、人の顔を見つめる様になり、名前を呼ぶと微笑み返したり、声を出すようになり、徐々に泣き声に表情がついてくる。その後首が据わるようになり物を握ったり、保育者がそばに来ると泣き止んだり呼びかけをするなど、自分から行動を起こすようになる。0歳後半では、運動面での発達が著しく、相手の方をしっかり見て、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。