教育行財政「教科書の検定と採択について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数151
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    教育行財政

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「教科書の検定と採択について」
     まず、教科書とは教科・教育課程の文章化されたものであり、学習指導要領を具体的に文章で表現したものである。戦前では、国が作った教科書だけで教育活動を行っていた。しかし、現在では誰でも教科書を作成でき、検定を経たものだけを使用し、教科書は主たる教材であるが、教材の一つにすぎず、教員は複数の教材で教育活動を行うことができる。では、この検定について詳しく述べたい。
     検定は文科省が行い、文科省の初等中等教育局の事務とされている。そして、検定は、教科書の画一性を打破し、優れた教科書を選ぶとともに、教科書として適切でない点(偏見など)がないかを調べるためにするのである。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。