保育児童学概論「乳幼児や児童に対する虐待が大きな社会問題になっています。あなたが目にした虐待の記事を取り上げてその問題点を考察する」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数288
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    保育児童学概論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「乳幼児や児童に対する虐待が大きな社会問題になっています。あなたが目にした虐待の記事を取り上げてその問題点を考察する」
     近年、わが国では、児童虐待の数が急激に増加しており、大きな社会問題となっている。
    そもそも虐待というものは、親または親に代わる養育者(保護者)によって子どもに加えられた行為で、子どもの心身を傷つけ、健やかな成長・発達を損なう行為のことである。その種類としては、①身体的虐待、②性的虐待、③ネグレクト(保護の怠慢・拒否)、④心理的虐待がある。しかし、この定義が見直され、親の愛惜があっても、子ども自身が苦痛を感じていたり悪影響があったりする場合は虐待と認めるということである。こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。