心理学「E.H.エリクソンの理論を青年期を中心に説明し、現在の自分について考察して下さい」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数731
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    心理学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「E.H.エリクソンの理論を青年期を中心に説明し、現在の自分について考察して下さい」
     エリクソンは人生を8つの段階に分けており、それをたどって発達するとしている。
     第一段階は幼児期で、基本的信頼感対不信であり、母親が重要な存在である。第二段階は幼児前期で、自律性対恥・疑惑であり、両親が重要な存在である。第三段階は幼児後期で、自主性対罪悪感であり、家族が重要な存在である。第四段階は児童期で、勤勉性対劣等感であり、学校や近隣の人が重要な存在である。第五段階は青年期で、自我同一性対混乱・拡散であり、友人等が重要な存在である。第六段階は成人前期で、親密性対孤独であり、友情やライバルの存在が重要であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。