基礎福祉演習「福祉専門職者に必要な倫理と能力についてまとめ、自分なりの見解を述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数437
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    基礎福祉演習

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「福祉専門職者に必要な倫理と能力についてまとめ、自分なりの見解を述べよ。」
     少子・高齢社会と呼ばれる21世紀に生きる人々の生活を豊かなものにするには、社会福祉や社会保障の充実を図る以外に達成できないことは、今や当たり前のようになっている。そして、それにともない、多くの人々が、多様な関心と動機のもとに、社会福祉への関わりを積極的に持つ機会が増えてきた。さらに、社会福祉サービスのみならず、福祉専門職者の質についても関心が高まってきている。そこで、福祉専門職者に必要な倫理と能力を述べた上で、私の意見を述べていきたい。
    福祉専門職者とは
     公私の社会福祉機関、施設、団体などに所属し、社会福祉サービスの提供に従事する社会福祉従事者のうち、実践において社会福祉援助技術を用いて問題解決を図る能力を有すると認められる者が福祉専門職者なのである。
    福祉専門職者は、直接的援助を行うソーシャルワーカー、間接的援助を行うソーシャルワーカー、家事・介護・相談助言等を行うケアワーカーの3つに分類することができる。
    福祉専門職者に必要な倫理
     福祉援助活動は、生活困難な状況にある人に対して行われ、多くの人は様々..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。