児童心理入門「愛着の形成について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,614
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    『愛着の形成について」
    愛着とは人やものへの思いを断ち切れないことである。また、愛着の定義は、乳幼児が母親など、特定の人との間に形成する情愛的な結びつきとされている。そして、乳幼児が選択的にその人に接近することを強く求める行動を愛着行動という。

     母親が愛情深く子供を育てるということは、単なる干渉の問題ではなく、乳児の発達にとってきわめて重要な意味を持つ。それは子供の要求の充足、愛着の形成、近く・認知機能、常道、社会的行動などの発達において重要な役割を果たしている。また、母親の十分な愛情部会世話は、健やかな成長を実現するための不可欠の条件である。そして、母親は乳児を取り巻く環境の中で最も魅力のある近く刺激である。母

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     愛着とは人やものへの思いを断ち切れないことである。また、愛着の定義は、乳幼児が母親など、特定の人との間に形成する情愛的な結びつきとされている。そして、乳幼児が選択的にその人に接近することを強く求める行動を愛着行動という。
     母親が愛情深く子供を育てるということは、単なる干渉の問題ではなく、乳児の発達にとってきわめて重要な意味を持つ。それは子供の要求の充足、愛着の形成、近く・認知機能、常道、社会的行動などの発達において重要な役割を果たしている。また、母親の十分な愛情部会世話は、健やかな成長を実現するための不可欠の条件である。そして、母親は乳児を取り巻く環境の中で最も魅力のある近く刺激である。母..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。