教師論「教員の適性について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,555
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども発達児童教員指導生徒能力理解生活自己

    代表キーワード

    教師論

    資料紹介

    「教員の適性について」
    未来を担う子供たちを指導する教職には適正というものがある。それは、ひとつではなく、様々なものがある。

     まずは、豊かな心である。それは、児童・生徒一人ひとりに対する深い愛情、いたわりの心、ものに感じ、ものに驚く心、一人ひとりを理解し、その人間形成への深い洞察と温かいまなざしを生むことのできる心である。豊かな心で、児童・生徒に安心感を抱かせることにより自己発達能力、自己啓発能力は開花していくのである。したがって、教員は、自分の心を鍛え、常に五感を磨き、心情を養い、自らの人格陶治に努めることが重要である。そして、教員自身が知的好奇心を抱くことが、子どもの好奇心を刺激するのである。

     次に、専門性

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     未来を担う子供たちを指導する教職には適正というものがある。それは、ひとつではなく、様々なものがある。
     まずは、豊かな心である。それは、児童・生徒一人ひとりに対する深い愛情、いたわりの心、ものに感じ、ものに驚く心、一人ひとりを理解し、その人間形成への深い洞察と温かいまなざしを生むことのできる心である。豊かな心で、児童・生徒に安心感を抱かせることにより自己発達能力、自己啓発能力は開花していくのである。したがって、教員は、自分の心を鍛え、常に五感を磨き、心情を養い、自らの人格陶治に努めることが重要である。そして、教員自身が知的好奇心を抱くことが、子どもの好奇心を刺激するのである。
     次に、専門性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。