教育学概論『わが国の教育基本法(昭和22年)の教育目的について考察し、「学校における教育目的」を具体的に設定せよ。』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数579
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法日本子ども学校社会文化健康目的平和

    代表キーワード

    教育学概論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       『わが国の教育基本法(昭和22年)の教育目的について考察し、「学校における教育目的」を具体的に設定せよ。』
     わが国の「教育基本法」は昭和22年に公布された。日本国憲法の精神に基づき、日本の民主主義教育の根本理念と方針を定めた法律である。教育憲法的な性格を持ち、すべての教育法令の基本となるものとされている。
     また、「教育基本法」には「われらは、先に、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和を人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。われらは、個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性豊かな文化の創造を目指す教育を普及徹底しなければならない。」などといったことが前文に示されている。
     また、「教育基本法」の第一条、第二条には教育の目的について示されている。
     「教育は、人格の完成を目指し、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値を尊び、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行わなければならない。」、「教育の目的は、あらゆる機会にあらゆる場所において実現さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。