児童福祉論「『少子化』の要因と児童に及ぼす影響について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数602
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「『少子化』の要因と児童に及ぼす影響について述べよ。」
     今日の少子化の現状はとても悪く、2003年のデータによると出生数は戦後最低で、約1,124万人で、合計特殊出生率は1.29である。
     日本の総人口の減少は昨年度から始まっていると言われている。しかし、本当に人口は減ってきていて、少子化問題は進んでいるのだろうか。もし始まっているとしたら、どの程度進んでいるのだろうか。
     少子化というものは何が原因で起こっているのだろうか。親が問題なのか、社会が悪いのであろうか。問題はたくさんあると考えられると思う。
    また、少子化が日本に及ぼす影響はどのくらいあるのだろうか。
    日本では1947年からデータ上では少子化問題がずっと進行してきている。日本人は少子化が進んでいると知りながらなにも対策を施してきていなかったのだろうか。もし、対策を施してきたというのなら、どのような対策を施してきたのか。これから、これらのことについて論じていきたい。
     まず、少子化の現状についてである。子どもの出生数は1949年が戦後最高の値であった。これは戦争で人口が減少したため子どもをたくさん産もうとしたため出生数が増加..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。