教師論「これからの教員に求められる資質能力について、具体例を上げて述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,802
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    人権子ども教師社会学校生徒指導法律問題地域

    代表キーワード

    教師論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       「これからの教員に求められる資質能力について、具体例を上げて述べよ。」
     現在、教育は変革の時期を迎えている。次の時代を担う子どもたちがどのようなことをどのように学び、どう考え、行動していくか、それは教育の成果次第である。したがって、教員として優れた資質能力を有することはもちろんのこと、教師という仕事の理解や教師の社会的身分、教師の抱える問題などの歴史的意味を知ることも必要である。
     まず、教師という職業は、国民全体の奉仕者として公共の利益を最優先し、専門職として職務に専念する義務を有するのである。また、生きた人間を未来のために育む仕事ともいわれている。
     それでは、教師の社会的身分・社会的地位はどのようなものなのだろうか。教師という仕事は、医者や弁護士などのように専門職とされている。そのため、選ばれた人間であり、その種の知識や法律などを知っていなければならない。法律を守るということは、公に人を教育するのには当然のことであり、守れないと子どもが偏った考え方になったり、世の中が無秩序になってしまう恐れがあるのである。しかし、教員を含む公務員は法律を守る義務があるのと同時に、法律に守..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。