教育課程論(初等教育)「幼稚園または小学校の教育課程編成上留意すべきことについて述べなさい。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数878
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       「幼稚園または小学校の教育課程編成上留意すべきことについて述べなさい。」
     教育課程とは、公的な教育機関である学校がその教育目標を達成するために幼児児童に提供する教育内容と学習経験の学校全体の計画である。
     それでは、学校における教育目標とはどういうものなのか、ここでは幼稚園について考察したい。幼稚園の教育目標は、学校教育法第77条によって示されており、「幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長する教育の場として、教育内容や方法が意図的、計画的、組織的に構築され、それにふさわしい環境が人的・物的に用意されることが要求されるのである。」したがって、個々の幼稚園が、独自の目的や目標に向かって、どのような経過をたどるのかを把握し、幼児期に必要な教育内容を十分に考えて、充実した幼稚園生活が過ごせるような全体計画としての教育課程を必要とするのである。このように、幼稚園における全教育期を見通した、教育内容の全体計画が教育課程なのである。
     幼稚園の目的を達成するために、教育課程を編成する時に、その指針となるものが、学校教育法第78条によって示されている。それは、保育に関する目標..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。