C7:ホール効果

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数17
閲覧数693
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    ホール効果

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学生実験第1レポート
    C7 ホール効果
    1.目的
      パウ法によるホール効果の測定から半導体を特徴付ける物理量を求め、半導体に対する基礎的知識を修得する。特に、不純物半導体におけるエネルギーバンド構造と電気伝導機構についての理解を深める。
    2.実験方法
     実験1:電流-磁界特性の測定
     (1)電磁石に流れる電流Iと磁束密度Bの関係、およびBの向きを測定した。電流は電流源を用いて流し、磁束密度はガウスメータを用いて測定した。
     
    (2)I-B特性のグラフを書いた。
     実験2:ホール効果の測定(室温)
     (1)以下に示す図1の測定回路を組んだ。また、試料と電磁石の配置も図2に示す。
    (2)試料におけるA~Dの4端子の各端子間の抵抗が数kΩ程度であることを確認した。
     (3)室温における①RAB,CD、②RBC,DA、③RBD,AC(B=0)、④RBD,AC(B≠0)を測定した。試料に流れる0.5mAの電流を流し、と、電位差をマルチメータを用いて測定することによって抵抗を求めた。
      ①IAB、VCD(DをGND)
      ②IBC、VDA(AをGND)
      ③IBD、VAC(CをGND)
      ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。