C2:マイクロコンピュータ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数217
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    マイクロコンピュータ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学生実験第1レポート
    C2 マイクロコンピュータ
    1.目的
      マイクロプロセッサが動作するときのバス上の信号をモニタして、信号の流れとタイミングを理解し、これに基づき簡単な出力インターフェース回路を構成する。これにより、マイクロコンピュータのハードウェアに対する基本的な理解を深める。
    2.実験方法
     (ⅰ)バス上の信号の観測
       以下に示す表1のテストプログラムをメモリにロードして実行し、LD(8020H)、A命令について実行時のバス上の信号を観測し、その信号線をモニタで観測した。そのあと、LD A、(HL)命令、OUT命令、IN命令についても実行時のバス上の信号をモニタで観測した。ここで観測した信号線を以下に示す。
       CLK    →クロック
       A0~A15  →アドレスバス
       M1 →M1
       MREQ  →Memory Request
       RD →Read
       WR →Write
       IORQ →I/O Request
       D0~D7   →データバス
    表1・テストプログラム1
    ADDRESS 命令コード MNEMONIC 8000
    8002
    8005
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。