計算機間データ通信とプロトコル

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数338
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目的
    今日の計算機環境においてネットワークは欠くことのできないものとなりつつある。ディスク、プリンタといった物理的資源の共有に始まり、WWW、電子メール、電子ニュース等による情報の交換・共有などは、いずれも計算機同士がネットワークを通じて接続されることにより、初めて実現される機能である。
    今日の計算機ネットワークは、計算機センタのホストと端末が1対多に接続され、端末がホストの計算資源やプリンタ等の物理的資源を利用するといった単純な関係ではなく、機種の異なる計算機が相互に接続され、各種サービスを分散して受け持ち、相互にその資源を利用しあうことが一般的となっている。実現される機能も、計算資源やプリンタ等の物理資源共有のみならず、WWW、電子メール等、多種にわたっている。この様な、様々な機器が混在し、複雑化したネットワークを実現するためには、通信手順の機能的分類と階層化、すなわち、ネットワークアーキテクチャの標準化が不可欠となる。
    本実験では、以上の点を踏まえ、国際標準化機構(ISO)及び国際電気通信連合(ITU)により推進されている国際標準のネットワークアーキテクチャ開放型システム相互接続..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。