5-1.2 吸光スペクトルと物質の構造

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,822
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    吸収スペクトルと物質の構造
    実験目的
    吸光光度法の原理を学ぶ。実験で得られる透過度を用いてランベルトベールの法則のモル吸光係数を求める。
    実験操作・手順
    ・フェノールフタレイン溶液1.00mlに6MHClを3滴、脱イオン水9.0mlを加えこのpHを測定。
    ・エタノールを用いて試料と同様に対照液を調整。
    ・対照液を用いてブランク設定を行う。
    ・フェノールフタレイン酸性溶液の220~660nmの吸光スペクトルを測定。
    ・フェノールフタレイン酸性溶液に6M NaOHを赤紫色になるまで加えこのpHを測定したあと、220nm~660nmの吸光スペクトルを測定。
    結果
    フェノールフタレイン酸性溶液のpHは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。