5-1.1 様々な光源のスペクトル

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数2,575
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    物理化学実験
    様々な光源のスペクトル
    実験目的
    分光器の使用法を学ぶ。様々な光源のスペクトルを観察し色と光の波長の関係を学ぶ。原子スペクトルのスペクトル線から電子状態遷移を考える。
    実験操作・手順
    ・分光器にナトリウムランプをセットする。
    ・ナトリウムのD線が600nm付近の目盛の位置にくるように合わせる。
    ・ナトリウムの原子スペクトルを測定。
    ・ナトリウムと同様に電球、蛍光灯、発色発光ダイオード、水素放電管の原子スペクトルを測定。
    結果
    ナトリウムの原子スペクトルを測定すると波長と色の関係は次ページの表のようになった。この表には計算波長と帰属も示した。
    表1 ナトリウムランプのスペクトルの波長と色、帰属の関係
    観測波長
    計算波長

    帰属
    467nm
    466.0nm

    6d→3p
    498nm
    497.2nm

    5d→3p
    512nm
    515.7nm

    6s→3p
    562nm
    567.2nm
    黄緑
    4d→3p
    590nm
    589.3nm

    3p→3s
    610nm
    618.3nm

    5s→3p
    電球、蛍光灯、発色発光ダイオード、水素放電管についてもスペクトルを測定し波長と色の関

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    物理化学実験
    様々な光源のスペクトル
    実験目的
    分光器の使用法を学ぶ。様々な光源のスペクトルを観察し色と光の波長の関係を学ぶ。原子スペクトルのスペクトル線から電子状態遷移を考える。
    実験操作・手順
    ・分光器にナトリウムランプをセットする。
    ・ナトリウムのD線が600nm付近の目盛の位置にくるように合わせる。
    ・ナトリウムの原子スペクトルを測定。
    ・ナトリウムと同様に電球、蛍光灯、発色発光ダイオード、水素放電管の原子スペクトルを測定。
    結果
    ナトリウムの原子スペクトルを測定すると波長と色の関係は次ページの表のようになった。この表には計算波長と帰属も示した。
    表1 ナトリウムランプのスペクトルの波長と色、帰属の関係
    観測波長
    計算波長

    帰属
    467nm
    466.0nm

    6d→3p
    498nm
    497.2nm

    5d→3p
    512nm
    515.7nm

    6s→3p
    562nm
    567.2nm
    黄緑
    4d→3p
    590nm
    589.3nm

    3p→3s
    610nm
    618.3nm

    5s→3p
    電球、蛍光灯、発色発光ダイオード、水素放電管についてもスペクトルを測定し波長と色の関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。