3-1 アセチルサリチル酸の合成

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,478
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アセチルサリチル酸の合成
    実験の目的
    サリチル酸と無水酢酸がどのように反応してアセチルサリチル酸を生成するかを調べる。再結晶法の操作や吸引濾過器、融点測定器の使用法を学ぶ。
    実験操作・手順
    ドラフト中でビーカーにサリチル酸(0.020mol,2.76g)と無水酢酸(4ml)を入れて撹拌する。98%硫酸を2滴添加し5分間攪拌し続ける。このとき、反応液は混ざり合って水っぽい状態になった。次にドラフト中のホットプレートで5分間加熱する。反応混合物は約33℃と予定より低い値になったので水浴中での冷却を短縮し水(50ml)を注入した。反応混合物を攪拌しながら沈殿物をすりつぶし、氷浴で約12分冷却する。吸..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。