経管栄養法(手順、根拠・留意点)、経管栄養剤の分類

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数7,053
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1.経管栄養法
     ①手順
     ②根拠・留意点

    2.経管栄養剤
     ①経管栄養剤の分類
     ②経管栄養剤の選択

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経管栄養法(経鼻栄養法・胃管栄養法)
    目的:経口摂取できない場合や、通常の食事以外にも栄養摂取が必要な場合に実施する。
    適応:①炎症性腸炎等の消化器系の内科疾患 ②口腔・食道・胃・大腸手術前後などの栄養管理
       ③嚥下障害のある患者  ④その他、栄養管理が必要な患者
    手順
    根拠・留意点
    経鼻栄養法 
     経鼻栄養法とは、カテーテルを鼻腔から胃まで通し
     てそこから栄養物を注入する方法。
    <経腸栄養カテーテルの挿入の手順>
    ①患者への説明
     「これから、お食事が十分に取れるように、鼻から
    胃に栄養物を直接注入できるチューブを入れます。チューブを入れる間は気持ちが悪いかもしれませんが、協力して下さいね」など。
    ②使用物品の準備
     ディスポーザブル手袋
     バスタオル、タオル、(防水シート)
     ガーグルベースン、膿盆
     経腸栄養カテーテル、潤滑剤(キシロカインゼリー)、
    カテーテルチップ注射器、(カテーテルジョイント)、
    微温湯(カテーテルチップに取っておく)
    聴診器
     固定用テープ、ハサミ、(安全ピン、輪ゴム)
     ペンライト、舌圧子、ガーゼ2~3枚
     
    ③患者の準備
     (1)坐位、ファーラー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。