高炭酸ガス血症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,438
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.動脈血液中のガス変化が及ぼす影響
      脳への影響
      肺への影響
      循環系への影響
      肝臓への影響
      腎臓への影響
      血液、凝固系への影響

    2.高炭酸ガス血症
      概念
      原因
      病態生理
      症状
      緊急処置

    3.CO2ナルコーシス
      概念
      病因
      検査
      症状
      診断
      治療方針

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    動脈血液中のガス変化が及ぼす影響
    ①脳 ②肺 ③循環系 ④肝臓 ⑤腎臓 ⑥血液・凝固系へ影響を及ぼす
    脳への影響 1)アシドーシス ●動脈血炭酸ガス分圧(PaCO2)の上昇により、アシドーシス(血液が酸性)となり、炭酸ガスの強力な血
    管拡張作用により、脳血流量を増加(脳浮腫)させ、頭痛や羽ばたき振戦などを起こす。 ●持続すると心拍出量が減少し、血圧低下により心不全やショックを起こす。
    2)アルカローシス ●動脈血炭酸ガス分圧(PaCO2)の低下により、アルかローシス(血液がアルカリ性)となり、脳血流量が
    減少しめまいを起こす。 肺への影響 ●低酸素血症やアシドーシスにより肺の小血管が収縮(肺血管抵抗の上昇)し、肺高血圧となる。 ●肺動脈圧の上昇が持続すると、右心負荷により肺性心(右心肥大)となる。 循環系への影響 1)頻脈、血圧の上昇、発汗、心拍数の増加 ●動脈血炭酸ガス分圧(PaCO2)の上昇は、カテコールアミンの分泌を増加させ、不足酸素を補うために
    心拍出量を増加(頻脈)させる。 ●カテコールアミンの分泌増加によって末梢血管が収縮するため、血圧の上昇、発汗、心拍数の増加が 
     起..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。