蜂巣炎,蜂窩織炎

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数666
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <蜂巣炎,蜂窩織炎>
    抵抗力の弱った患者さんに時々見られる感染症です。
    教科書にはあまり詳しく書かれていません。実習中で時間に余
    裕がない人は参考にどうぞ。
    1.概念
    2.原因
    3.症状
    4.合併症
    5.診断と鑑別
    6.治療
    7.予後

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    蜂窩織炎、蜂巣炎(ほうかしきえん、ほうそうえん)
     1.概念
       皮膚と皮膚直下の組織に生じる細菌感染症、化膿性の細菌感染症。症状が広がりやすい。
    フレグモーネともいう。
     2.原因
       ①原因菌:黄色ブドウ球菌、化膿連鎖球菌など。
       ②発症機序:
    毛穴・汗腺、外傷・皮膚炎などの皮膚病によって生じた表皮上の開口部、骨髄炎など深部感染症から、皮下脂肪組織に細
    菌が侵入することで感染する。毛穴・汗腺も侵入経路となるため、傷のない正常な皮膚でも起こり得る。
    レンサ球菌は細菌の感染範囲を抑えようとする皮膚の働きを阻害する酵素をつくり出すため、体内に非常に速く広がる。
    リンパのうっ滞や浮腫がもと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。