陰部洗浄手順

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数7,507
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    臥床、ドレーン類がついている患者の陰部洗浄手順です。
    学内実習、病院実習前の事前学習にどうそ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    陰部洗浄
    目的:し尿や分泌物などの排出で汚染しやすい陰部の清潔を維持し、臭気の発生や尿路感染を予防する。
    適応:入浴・シャワー浴ができず、陰部の清潔が十分に保てないと予測される患者。
    手順 根拠・留意点 ■準備
    ①患者さんに説明して了解を得る。
     
    ②患者さんが清拭可能な状態かを判断する。
    バイタルサイン(体温、脈拍、血圧、呼吸数)の測定
    呼吸状態の観察
    (深さ、速さ、痰の有無、チアノーゼの有無、SpO₂)
    ③使用物品の準備
     陰部洗浄用ボトル、微温湯(38~40℃)
    せっけん、ディスポガーゼ5枚、ディスポーザブル手袋、ディスポエプロン、新しいオムツ・パッド、ビニール袋2枚(オムツ・使用済みガーゼを入れるもの、未使用ガーゼを入れるもの)
    ④環境の調整
     ・カーテンを閉める。
     ・看護者が処置しやすいようにベッドの全体の高さ
    を調節する。
     ・主の援助者はベッド左側に立つ。
    ■陰部洗浄の実施
    ①オムツを外す。
    ①恥骨部から両鼠径部にディスポガーゼを当てる。
    ②看護師の腕に湯をかけて湯温を確認してから、患者に湯をかける。
    ③洗浄ボトルで患者の外陰部に静かに湯をかける。患者に湯温が適切か確認..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。