カテコールアミン

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,879
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    カテコールアミンって医療系の学生さんならみんな必ず聞いたことはあるはず。でも、難しくてその働きとか分からないんですよね。ドーパミンとか、アドレナリンとかのことをいうんですが、それがいったいどんな作用があるのか、どう疾患や薬と結び付けていいか分からない。
    カテコールアミンの入門書的に参考にして頂ければ幸いです。

    <目次>
    1.定義・概要 
    2.分布
    3.生成過程と代謝経路  
    4.カテコールアミンの作用
        (1)カテコールアミンの生理作用
         (2)カテコールアミンの生化学的作用
    5.カテコールアミンを伝達物質とする神経
              (1)ドーパミン作動性神経
              (2)アドレナリン作動性神経
              (3)カテコールアミン受容体
    6.カテコールアミン製剤とショックへの適応
              (1)カテコールアミン製剤
              (2)アドレナリン作動薬
              (3)ショックへの適応
    7.カテコールアミン関連疾患
              (1)カテコールアミンの基準値
              (2)カテコールアミンが減少する疾患
              (3)カテコールアミンが上昇する疾患
    8.ストレス疾患とカテコールアミン

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    カテコールアミン(Catecholamine)
    目次
    (ctrlを押しながらクリックしてください。文書内の該当箇所に飛びます。)
    1.定義・概要 
    2.分布
    3.生成過程と代謝経路  
    4.カテコールアミンの作用
        (1)カテコールアミンの生理作用
    (2)カテコールアミンの生化学的作用
    5.カテコールアミンを伝達物質とする神経
    (1)ドーパミン作動性神経
    (2)アドレナリン作動性神経
    (3)カテコールアミン受容体
    6.カテコールアミン製剤とショックへの適応
    (1)カテコールアミン製剤
    (2)アドレナリン作動薬
    (3)ショックへの適応
    7.カテコールアミン関連疾患
    (1)カテコールアミンの基準値
    (2)カテコールアミンが減少する疾患
    (3)カテコールアミンが上昇する疾患
    8.ストレス疾患とカテコールアミン
    カテコールアミン(Catecholamine)
    1.定義・概要 
    カテコールアミンはカテコール核を持つ生体アミン(ドパミン (Do) , ノルアドレナリン (NAd) , アドレナリン (Ad))の総称である。これらはアドレナリン作用性神経終末から分泌される神経伝達物質であり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。