在宅看護 資料

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数21
閲覧数3,043
ダウンロード数58
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    在宅看護に必要な社会資源の知識などについてまとめました。実習の事前学習などの参考にしてください。
    (1)保健・医療・福祉の社会資源
    (2)関係する法律、関連施策
    (3)在宅看護の必要性・目的・目標
    (4)在宅ターミナル期の援助
    (5)訪問に臨む看護師の態度、マナーについて

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)保健・医療・福祉の社会資源
    (2)関係する法律、関連施策
    (3)在宅看護の必要性・目的・目標
    (4)在宅ターミナル期の援助
    (5)訪問に臨む看護師の態度、マナーについて
    保健・医療・福祉の社会資源(関係機関、関係職種、サービス内容、連携方法)
    (1)関係機関
    <保健領域>
    ①福祉事務所
       社会福祉法第14条に規定される福祉に関する地方公共団体の事務所である。 地方公共団体でこの名称を用いた機関が設置されているほか、福祉を扱う事務所の通称として用いられる
    ②保健所
     地域住民の健康や衛生を支える公的機関の一つであり、地域保健法に基づき都道府県、政令指定都市、中核
    市その他指定された市又は特別区が設置する。住民の健康を守り、快適な生活環境や安心できる保健医療体
    制を確保するため、疾病の予防、健康増進、食品衛生、環境衛生等幅広い分野にわた る活動をしている。    保健所には、医師、獣医師、薬剤師、化学職、保健師、栄養士、臨床検査技師、診療放射線技師等の職員が配置
    され、病気や健康、食品や住まいの環境衛生、廃棄物等などについて相談に応じている。
    ③市町村保健センター
       地域に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。