解剖学実習感想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数5,220
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    看護学校で解剖学実習を行った後に課された課題です。
    実際にご遺体を直に触らせていただいて、様々なことを考えさせられました。

    学校のレポートなどを書くときの参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.はじめに
     先生が講義の中で「医学部の学生が解剖学で学んだあとなので、臓器は外されている」とおっ
    しゃっていたので、今回の解剖学実習では、筋肉の配置や筋肉に付着する神経を重点的に見学
    しようと考え、実習に臨みました。
     私は当初、解剖学実習への参加に気が進みませんでした。欠席しようかとも考えました。私は自
    分が死んだ場合、死後の自分の姿を誰かに見られたくありません。そのため、亡くなられた方のご
    遺体に面と向かって、体の中を観察する解剖学実習に抵抗があったのです。
     私にとって、死とは生の対極にあり、否定されるべきものです。あってはならない死というものを、
    「医学の発展への貢献」という意義のある価値へと変えてしまうことにも少し抵抗を感じます。
    また、
    「亡くなられた方の尊いご意思を尊重して医学の発展に寄与する」という言葉に感じても
    いるのです。
     亡くなられた方にることは、私たちにの学な感もたらし、たい経
    あることにいはありません。医学の発展に寄与するというのもであると思います。亡くなら
    れた方あるいはごもそれをれた、と講義でおしました。それはの意思に合ってい
    るように見えます。けれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。