手形小切手法論文答案練習手形行為総論 手形行為と名板貸

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数441
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    手形小切手法論文答案練習 手形行為総論
    ~手形行為と商法23条~
    【問題】
     Aが自己の取引を決済する際に1年以上にわたってYの承諾を得てY名義で約束手形を振り出してきた場合、AがY名義で振り出した約束手形を取得したXは、Yに対して手形金の支払を請求できるか。
    【考え方】
    ・・・名義を使用されたYに対して手形金の支払を請求できるであろうか、Yは自己名義でのAの手形の振出に対して承諾を与えているので、名板貸人の責任追及(商23条)により、XはYに対して手形金の支払請求ができるか問題となる。
     →  判例上、①名義貸与人が自己の名称を使用して営業をなすことを許容している場合(いわゆる名板貸)に、名..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。