手形小切手法論文答案練習 手形流通の保護 後者の抗弁

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数600
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    手形小切手法論文答案練習 手形流通の保護
    ~後者の抗弁~
    【問題】
    Aは、Xとの売買契約の代金支払のため、Yが振り出した約束手形をXに裏書譲渡したところ、Xが目的物を引き渡さないため、売買契約を解除した。Yは、Xの手形金請求を拒むことができるか。
    【考え方】
    1)権利移転行為有因論
    ・・・手形理論として二段階説を採ることを前提として、手形行為を債務負担行為と権利移転行為とに分け、前者を無因行為、後者を有因行為と解して、裏書の原因関係が無効・消滅・不存在の場合、手形上の権利は裏書人に復帰するとする。
    2)無因論・人的抗弁の個別性を貫く説
     ・・・所持人が手形上の権利者であるとし、また、人的抗弁の個別性を貫き、所持人が手形上の権利を行使することの不当性は、裏書人との内部関係(手形上の権利)において、不当利得の返還により解決すべきであるとする。
    3)無因論・人的抗弁の個別性を前提としつつ修正する説
     ・・・所持人が手形上の権利者であるとし、また、人的抗弁の個別性を認めつつ、その権利行使を信義則違反または権利濫用として否定する。
    【答案例】
    (A)権利濫用説に基づき作成
     約束手形の裏書人Aは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。