憲法論文答案練習 地方自治保障の法的性格

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数292
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    憲法論文答案練習
    ~地方自治保障の法的性格~
    【問題】
     地方自治の法的性格について論ぜよ
    【考え方】
    1)固有権説
     ・・・近代の自然権思想を地方公共団体にも適用する「地方権」思想等を根拠として、憲法による地方自治の保障は、地方公共団体が憲法以前において有する固有の権能を保障したものであるとする見解。
    2)承認説
     ・・・地方自治といってもその内容は不断に流動し、一定の不動な内容を持つものではないこと等を根拠として、憲法第8章の規定は地方自治の一応の承認または許容以上の意味を持つものではないとする見解。
    3)制度的保障説
     ・・・憲法は、立憲民主政の維持の観点から、その統治機構の不可欠の一部..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。